google-site-verification=rU_dnZIPCN2py30fMDOIf84Je3_ohbEVlpqkEzcEchQ えんや呉服店 若旦那ブログ

山陰の紐落とし

 

全国的には、七五三という名称で行われる、子供の厄除け祈願。

対象は、数え年で3歳、5歳、7歳です。
また、3歳は男児、5歳は男女、7歳は女児という流れが多いのではないでしょうか。
この年齢と男女の慣習は地域によりかなり風習が異なります。
 
  
山陰ではこれを男女ともに、満3歳・数えで4歳の年に「紐落とし」という名称で行われています。
そして、祈願は1回で終わります。
 
この風習は全国的に見ても少ないと思われます。
正確に検証をしたことはないのですが、山陰地方だけだと思われます。
(もし他の地方でも同じような風習がありましたら、是非教えてください。勉強になります。)
(岡山の県北でも【紐落とし】の名称があると聞いた事があるような(^-^;)
 
 
では、この【紐落とし】という名称ですが、どんな経緯で付けられたものか。
これは、俗説になりますので、確証のあるお話ではありません。
 
私が以前、勉強した話によると、お宮参りの時に子供に羽織らせる熨斗目(生後一か月のお参り時に羽織る着物)
の紐を外して、着物として着せる時に【紐を外す】→【紐を落とす】→【紐落とし】と変化したと聞いております。
 
また、本来の風習は全国的にも満3歳、数えで4歳で行われていたと。
それが、全国では変化して、七五三になったと勉強をしました。
 
なにか文献でもあれば、ある程度確証を持って言える話かもしれませんが(^-^; 
出雲國の古い風習が全国に広まったと考えると、あながち間違いではないような(汗)
 
 
さて、最後に何が言いたいのかっていうと、えんや呉服店でも【紐落としの着物】取り扱いがあります。
 
今年の11月に向けて、そろそろ準備を始めませんか!? 
 

嬉しいお言葉

 

 

先日、シミ隠し加工を施した帯2点を、郵送で納品したお客様から、大変うれしいメッセージを頂きましたのでご紹介させていただきます。

 
以下、メッセージのやり取りの画像を掲載します。
 
※ご本人様ご了承済み
 
 
 
こちらのお客様は、東海地方にお住まいです。
 
最初から、最後まで、Facebookのメッセンジャーでやり取りをさせて頂きました。
 
内容は、
 
「お手持ちの帯2点が、強くシミが出てきている」というもの。
 
10万円近い金額のお直しをさせていただきました。 
  
  
 
 
キッカケは、えんや呉服店の【ライブ配信】
 
しみ抜き職人の「京都 谷川さん」がコメントゲストで出演して頂いた回をご視聴いただいたようです。
内容はとても分かりやすいので、下記に放送回を掲載します。
 
 
こちらの放送後、ご相談のメッセージを頂きました。
 
今まで、着物や帯の洗濯&しみ抜きのご相談を、インターネット上で承った経験が無かった為、最初は非常にドキドキしました。 
 
ですが、メッセージでやり取りをさせて頂き、私に出来る事であれば、この相談を引き受けようと思い、帯2点をお預かりいたしました。 
 
 
京都の谷川さんとも色々相談をし、その内容から複数パターンの見積もりを作成し、お客様へメッセージを送らせていただきました。
 
そして、加工が出来上がり、当店での検品後、お客様のご自宅へ。
 
その帯が到着してからのメッセージが、最初の画面のメッセージでございます。 
 
 
 
各種SNSは1年半ほど継続で行ってきました。 
 
そして、4月よりライブ配信を始めました。 
 
それまでのSNSでの情報発信が土台となり、ライブ配信を始めたことでで、フォロワーの皆様との距離が近くなった気がしてます。
 
 
 
私のライブ配信を毎回ご視聴頂いてる常連の方も沢山いらっしゃいます。
本当にうれしい事です。
 
ライブ配信は、店舗で、カメラに向かってしゃべるだけですが、沢山の方が反応しコメントを残してくれます。
商品紹介なども、リアルタイムで商品の質問などが飛んできます。
そこに、私自身もリアルタイムに答える事が出来ます。
時には、メーカーの方がコメントで、さらに助言をしてくれる事もあります。
 
これは、まるで、えんや呉服店のライブ配信が、小さな呉服売り場みたいなイメージだと思います。 
そのスペースには、着物ファン・呉服店・メーカーや問屋さんが集まり、気軽に雑談をしてるような感覚です。
お店だと気を使ってしまうかもしれませんが、ネット上では、気を遣わず、より気軽に会話が出来るのかもしれません。
 
でも、実際は、お店でも気を遣わず、気軽に会話して、着物を楽しんで頂ければ良いんですよ(笑)
 
 
この感覚を味わえるライブ配信、とても楽しいです。
  
  
  
少しまとまりのないブログとなってしまいましたが、お客様からのメッセージが嬉しかったので、ブログに書かせていただきました!

ライブ配信について そのぁ.薀ぅ崘杰の将来性

 

 
ライブ配信の将来性
 
そんなタイトルを付けてしまいましたが、僕がライブ配信を語るのは少しおこがましいですね(笑)
 
なので、現在のライブ配信市場のお話と、僕自身が影響を受けたお話をしたいと思います。
 
 
現在、ライブ配信市場が最も活発なのは【中国】です。
 
ライブ配信で販売を行う「ライブコマース」で検索を掛けると情報が沢山出てきます。
以下、記事を抜粋して紹介します。
 
-------------
 
2018年「タオパオ」が運営する「淘宝直播(タオバオライブ)」は、前年同期比で約400%も増加し、1000億元(約1兆5000億円)を突破したとしている。
タオパオだけではなく、「京東(JD.com)」、「TikTok(抖音)」や「快手(Kwai)」などもショート動画から「ライブコマース」の連携に取り込み始めている。
中国ではライブ(動画)配信やEコマースの成長が伸び悩むなか、新たな活路をこの「ライブコマース」に見出そうとしている。
そして、タオバオの「ライブコマース」は大きく2つのタイプに分かれており、一つはインフルエンサー中心のライブコマース。
もう一つは、豊富な商品を保有する店舗が中心とした、ライバー(店舗実演者)本人によるライブコマースである。
 
--------------
ライブコマースとは

ECにライブ配信の動画を掛け合わせたもので、ライブ動画を見ながら商品を購入できるような通販の形です。イメージとしてはテレビショッピングのインタラクティブ版で、視聴者はリアルタイムで出品者・販売者に対して質問やコメントをしながらショッピングができます。

従来のテレビショッピングが一方的であったことと比較すると、コミュニケーションを通じて商品を深く理解することができ、生放送の良さである「臨場感」も持ち合わせたハイブリッドなEコマースの形であると言えます。

 
---------------
 
以上です。
  
  
売り上げの数字は、非常に大きいですね(^-^;
中国は人口が多いのでなおさらだと思います。
こちらの情報は2018年ですので、コロナ禍の2020年はもっと数字が伸びてると予想します。
  
そして、ライブコマースの意味を紹介してる文章ですが、
まさに、「臨場感」これが全てだと思います。
 
配信中に商品を紹介する、そこに視聴者の方から質問が飛び、それにその場で答える。
これがリアルタイムなコミュニケーションの醍醐味だと思います。
 
まさに、配信環境がある人は誰でも「ジャ〇ネットたかた」状態です(笑)
 
一応、えんや呉服店も、そのような配信を目指してるんですよ(笑)
 
 
 
最後に、このライブ配信を10年近く前から行っていた、呉服屋さんがありました。
その方の配信に僕は、すごく救われ、そして憧れました。
業界の話を包み隠さず話し、そこに業界の仲間が集い、そして、着物が好きな着物仲間も集まる場所です。
まだ、YouTubeがライブ配信を始める前から、その人は配信を始めていました。
 
僕は、昨年我慢が出来ず、東海地方のその方のもとへ会いに行きました(^-^;
その人から着物を買おうと思ってです。
お客さんになり、着物を買えば、その人の魅力をフルで体験できるだろうと思いました。 
 
ですが、当日になり、自分を偽って、話を聞くのは失礼だと思いなおしました。
結果的に、呉服屋だと名乗り、着物を買わせてくださいという話をしました(笑)
これもなかなかおかしな話ですが(^-^; 
 
 
結果、その呉服屋さんは全てを受け入れてくれ、沢山のお話を僕にしてくれました。
お店や、裏側までの隅々まで僕に見せてくれ、さらけ出してくださいました。
その時の言葉の数々が、今のライブ配信を頑張ろうと思う原動力になっています。
 
 
もっと、お話したいことは沢山ありますが、続きはいつか「えんや呉服店のライブ配信」でお話したいと思います(笑)
 
どうぞ、今後とも、皆様のご視聴をお待ちしております(^^)
 
 
 

えんや呉服店の最新情報は下記をクリック!!

***********************************

 

7月スタート 着方教室 生徒さん募集中

https://matsue-kimono.com/free/kikatakyoushitu


えんや呉服店公式HP  

https://matsue-kimono.com/

Facebook

https://www.facebook.com/enyagohukuten/
インスタグラム

 https://www.instagram.com/enya_gofukuten/
ツイッター

 https://twitter.com/enya5298/

 

  

桐生織の魅力 その オリジナル桐生織

私達の大好きな桐生織

  

その桐生織を、オリジナルで制作することになりました(^^)/

 
紋紙から制作して、私たちの好きな模様を織入れ、好きな色で制作します!!
 
世界に一つの「えんや呉服店オリジナル桐生織」です!
 
このオリジナル桐生織、是非一緒に制作しませんか? 
 
柄を沢山入れる事が出来るのですが、私達のアイデアだけではもったいないので、皆様のアイデアを幅広く募集します!
 
参考の着物はこちら
 
 
このように市松に織柄を入れる事が出来ます!
 
どの様な柄でも大歓迎!
 
例えば、
・縁起の良い模様 「宝尽くし」とか
・お酒が好きなので 「ビールと枝豆」とか
・松江の景色 「宍道湖の夕日」とか
などなど
島根・松江・えんや呉服店等で連想する図案を募集します
 
皆様からのアイデアを元に、図案を制作しようと思っています
 
今の時期から図案を考え、紋紙制作などを経て、反物が出来上がるのは来年の2月頃でしょうか(^-^;
 
時間を掛けてじっくり考えていこうと思います!!
 
ご応募の方法等は改めて告知をしたいと思います。
 
メールやメッセージ、FAX等を使って絵を書いていただくような形になると思います!
 
   
 
 

ライブ配信について その 将来の配信機材とやりたい事

今回のブログは、今後欲しい機材を紹介し、今後どのようなライブ配信を行いたいのかを綴ってみようと思います。
 
まず、現状の機材を活用しながら、追加で欲しい機材がありますので紹介。
 
 
 

ハード

PC  IBM  ThinkPad  T580  CPU インテル Core i7 8550u    メモリ8GB
カメラ α7 
レンズ sel35f18f
カメラαNEX-7
ウェブキャスティングミキサー AG06
マイク  コンデンサーマイク
 
上記は以前と変わらない機材です。
 
  
  
 
下記が新たに欲しい機材です。 
 
ソフト
ストリームヤード有料版
 
 
  
  
ZV-1については、6月1日予約済みですので発売開始と同時に手に入る予定です。
  
Atem mini は、6月1日に三か所へ注文してますが、一向に連絡無し(笑)💦
適宜、Twitterにて販売情報を探していますが、現状ではまだまだ時間がかかりそうですね(^-^;
  
 
  (※追記  ブログを書いた日付は6月16日です。予約投稿をしています。その後上記2台の機材は無事手に入りました(笑)) 
  
 
さて、これらの機材を使って何がしたいかというと、将来的には、実店舗で対談形式のライブ配信を行いたいと思っています。
本格的なスタジオを作るのは難しいですが、お店のカウンターでの対談は可能だと思います。
その時に、3カメ体制で自動スイッチングを行うのが Atem mini です。
1人放送の時も、Atem mini があれば、正面カメラと手元のカメラ等をスイッチングが可能です。
また、ワイプなのどの表示も容易に出来ます。
キャプチャーボードを三つ買う事を考えれば、Atem mini 一択です。
  
また、ZV-1はVlog に最適なカメラとして開発されています。
カメラを持ち、着物で松江の観光地案内等の動画撮影にはとても便利な道具です。
もちろん、商品紹介にも非常に使いやすいカメラとなっています。
 
 
 
あくまでも、将来的にやりたいことであり、すぐに実現できるかどうかは分かりませんが(笑)
 
 
これだけの欲望を僕に植え付けて下さったのは、近所のお仏壇屋さんです(笑)
夜な夜な、相談のメッセージを送ると、沢山の情報を教えてくれて、僕を配信機材の沼へ誘って下さいました(笑)
 
  
 
ですが、このライブ配信を通して、日本全国の方と接点を持ち、リアルタイムでコミュニケーションが取れる楽しさとスピード感を感じさせてくれてます。
店頭での接客は当然大切で、店頭が第一には変わりありませんが、ライブの世界もまた別世界で広がっていく大きな場所だと思っています。
 
次回が最後の配信関係のブログです。
投稿を楽しみにお待ちください(^^)/
  
 
  
 
 

えんや呉服店の最新情報は下記をクリック!!

***********************************

 

7月スタート 着方教室 生徒さん募集中

https://matsue-kimono.com/free/kikatakyoushitu


えんや呉服店公式HP  

https://matsue-kimono.com/

Facebook

https://www.facebook.com/enyagohukuten/
インスタグラム

 https://www.instagram.com/enya_gofukuten/
ツイッター

 https://twitter.com/enya5298/


ライブ配信について その◆仝什澆稜杰機材と感想

前回の ライブ配信について その ,紡海、その△任(笑)
 
まず、現在使用している機材と配信方法についてお話をします。
 
前回もお伝えしましたが、配信などの興味のある方の参考になれば幸いです。
 
着物の話題は一切出ません(笑)
興味のない方はスルーしてください(笑)
 
 

 

 

 

ハード

PC  IBM  ThinkPad  T580  CPU インテル Core i7 8550u    メモリ8GB
上記PCがあってるか分かりません💦
Core i7 メモリ8GB が検索しても出てきませんでした💦
 
 
カメラ sony  α7
 
レンズ
 
キャプチャーボード 変更なし
 
マイク コンデンサーマイク メーカー名が表示されません(笑)
 
ウェブキャスティングミキサー YAMAHA AG06
 
ソフト
ストリームヤード 無料版 変更なし
OBS 使用止め
 
 
BGMダウンロードサイト
「BGM フリー」で検索して一番に出たサイトです。
曲数もダントツに多く、検索条件が充実していて、非常に使いやすいです。
 
 
新たに追加したもの
【PC】
PCについては、父が購入後、使用せず置いてあった物を、ライブ配信用に使用しました。
スペック的には、十分な性能を持つPCと思われます。
ですが、やはりOBSとストリームヤードの同時使用には耐えれませんでした。
なので、現在はOBSの使用を止め、ストリームヤードのみでの配信を行っています。
 
 
【コンデンサーマイク】
マランツのMPM1000Jがなかなか入荷されないので、低価格なものをと思い購入。
素人なので、こちらが高音質なのか、低音質なのかは分かりません(笑)
ですが、内部マイクに比べればかなり音質は良くなってると思います。
AG06でモニタリングする限りは、少しザーというノイズが入ってます。
配信した動画を確認しても、ノイズは入っていませんでした。
 
【YAMAHA AG06】
二か所に予約してましたが、ツイッターで入荷という情報を見て、連絡したら在庫があり、即購入できました。
予約分は10月入荷と言われていましたので、助かりました。
同じ機種でAG03がありますが、ほとんど価格は変わらないので、大は小をかねると思いAG06を購入。
対談形式の時にマイクが二つ使えるのもGOODです。
エフェクトも楽しいです。
ループバック機能があるので、BGM再生がとても簡単です。
 
【α7供
商品撮影や、ライブ配信用に購入。
NEX-7に比べるとかなり機能が追加されてて、使いこなすのに時間が掛かりそうです(笑)
使用しはじめは、こちらもAFが駆動して、画面が見づらくなりました。
さんざん使い方を調べても分からなかったのですが、録画モードにスイッチを回すだけで、ピント調節は解決。
モニタリングスルー機能もあるので、画面は情報なしで配信可能。
動画撮影にも使えます。
 
  
OBSを使わずストリームヤード単体での放送に変更してます。
そこで問題は、BGMとオープニング映像や、エンディング映像です。 
 
BGMに関しては、AG06というミキサーがループバック機能アリですので、PCで音楽を流し、USB入力のボリュームを上げれば自動的に音楽が流れてくれます。
凄く簡単で便利です。
 
そして、オープニングなどの映像ですが、こちらは、画面共有にして、流しています。
共有の際にドギマギしてしまい、スムーズに映像を流せないのが難点です。
この問題は、将来的に解決できるはずの案件でございます。
 
 
 
 
最後に、ライブ配信をご覧いただいた方と、沢山のメッセージのやり取り、ウェブショップでの購入、が増えました(^^)
商品の紹介等については、問屋さんや、メーカーの方に様々な形で出演して頂いています。
具体的には、「ライブ配信で出演」「コメントで出演」「録画で出演」という形です。
どの方法も、視聴者の方には大変喜んで頂いたと思います。
 
特に、「しみ抜き職人のコメント出演」や、「浴衣紹介の問屋さんコメント出演」や、「桐生織の吉田さんライブ出演」は反響が大きかったです。
出演して頂いた後に、県外の方から、しみ抜きの依頼や、浴衣のご購入など、反応を頂きましたm(__)m
 
やはり、小売店だけの話ではなく、現場の職人さんや、メーカー問屋さんなどの方のお話は、すごく内容が充実しますし、私自身もとても楽しくお話が聞けます!
 
これからの時代はこのような、販売方法が主流になる時代が来るかもしれませんね(^^)
  
 
 
 
 
 

えんや呉服店の最新情報は下記をクリック!!

***********************************

7月スタート 着方教室 生徒さん募集中

https://matsue-kimono.com/free/kikatakyoushitu


えんや呉服店公式HP  

https://matsue-kimono.com/

Facebook

https://www.facebook.com/enyagohukuten/
インスタグラム

 https://www.instagram.com/enya_gofukuten/
ツイッター

 https://twitter.com/enya5298/


ライブ配信について その ―藉の配信機材と感想

現在、ライブ配信を行い始めて、2か月が経とうとしています。
その配信の中で、様々な変化がありましたが、少しずつブログへ残しておこうと思います。
 
まずは、初期の配信機材と配信方法についてのお話です。
 
配信をこれから始めようと思われる方など、もしよかったら参考にしてください。
 
着物の話題は一切出ません(笑)
興味のない方はスルーしてください(笑)
 
 
 

初期の配信機材

ハード
PC IBM ThinkPad E595   CPU Ryzen 3 3200u  メモリ8GB
 
 
カメラ  sony  αNEX-7
 
レンズ
sony  sel50f18  
 
 
マイクはPC内臓マイク
 
キャプチャーボード  TreasLin USB3.0 HDMI ビデオキャプチャーボード
 
 
 
ソフト
ストリームヤード無料版
ストリームヤードは配信先のコメントを表示させることが可能で、配信者と視聴者のコミュニケーションが非常にスムーズに取れる配信ソフトです。
有料版になると、二か所同時に配信可能になるなどの特典があります。
 
OBS
無料の動画配信ソフトです。
かなり自由度が高く、ソフトをいじりだすといつの間にか朝になってます(笑)
基本は感覚的に操作が出来ると思いますが、高度な事をしようと思うと検索すれば情報はたくさんあります。
BGMを流したい、カメラ画面をトリミングしたい、と思い使用しました。
 
上記の機材や配信ソフトは、えんや呉服店ライブ配信第1回〜第24回まで使用しています。
 
 
初期のライブ配信は、原則お金を掛けないをモットーに始めました。
現在ある機材で、配信が出来るのかを試したかったのと、ある程度のクオリティーが出せるかを試したかったです。
また、ライブ配信を続けていけるかが分からなかったので、機材をそろえるのはリスクを感じていました。
その為、ミラーレスとPCとをつなぐキャプチャーボードだけ購入をしました。
こちらが、私が購入した時は14,999円でした。
 
 
放送を見ていただき、感想はいかがでしょうか!?
 
第3回 えんや呉服店ライブ配信
 
 
 
 
問題点を箇条書きで書き出します。
 
・NEX-7の画面表示を情報なしに出来ない
画面が、モニタリングスルー(HDMIスルー)に対応していません。
その為、撮影の情報が画面に表示されてしまいます。
具体的に言うと、電池残量やF値などの情報です。
その画面をトリミングするためにOBSというソフトを使用しました。
 
・NEX-7に動画モードが無い
動画モードがあれば、ピント調整が易しくなり、緩やかにピントが合ったり、画質が滑らかになります。
ですが、NEX-7にその機能はありません。
その為、いつでも写真を撮れる状態を維持するので、プリAFが動きまくりです。
画面がグワングワンします。
MFにすればピント調整は止まりますが、僕自身が動くとぼやけます。
 
・OBSとストリームヤードの同時使用はCPU負荷が大きすぎる
OBSはメモリよりもCPUを使うようです。
その為、配信中はPCのファンがフル稼働してます。
30分の配信で、PCの裏側が激熱状態。
配信も調子が悪いと画面のチラつきがでます。
通常使用には全く問題のないPCですが、このような配信には耐えれませんでした。
 
・内臓マイクが音が悪い
内臓マイクはやはり音が悪いです。
ノイズカットなどの機能がPC側についていますが、そのせいでなおさら音質が悪くなってる気がします。
また、OBS側にもノイズカットがあり、ダブルでカットするとキンキンした音になります。
 
・ストリームヤードの無料版では出来ることがかなり限られる。
テロップ、コメント、バナーは沢山出せます。
が、背景画面やロゴ、写真などは表示できずです。
無料版は配信を一か所しか設定できません。
なので、Facebookライブで流した動画を再度ダウンロードして、YouTubeへアップロードしなければいけません。
これが地味に時間が掛かります(笑)その間、ネットは激重になります。
 
・OBSからストリームヤードへ映像と音声を流すのが少し複雑。
NEX-7の映像をOBSでトリミングして、その映像を仮想カメラデバイスに流し、仮想カメラをストリームヤードへ流します。
これはスムーズに行います。OBSのプラグインを入れれば可能です。
僕的には、オーディオが問題でした。
内臓マイクの音声をOBSへ流し、BGMもOBSで流し、仮想オーディオデバイスへ出力して、その仮想オーディオをストリームヤードに読み込ませます。(この書き方も間違ってる可能性高いです)
PCのサウンド設定で、OBSのマイク・オーディオの出力も仮想オーディオに設定します。
あまり、配信に慣れていない私は、度々パニックになってました(笑)
 
 
というように、悪い事ばかり書いてしまいましたね(笑)
 
ですが、ライブ配信を見た皆様からは、非常に好評な感想をいただいております。
とても嬉しいことです。
 
 
ライブ配信をしてみて、一番の感想は、「素人がメディアを持つ事が出来る感動体験は素晴らしい!!」です。
 
全世界、総メディアの時代へ突入です。
ITからICTへ
eコマースからライブコマースへ
 
 
 
次回以降のブログで、現状の配信機材についてお話をしたいと思います。
 
 
 
 

えんや呉服店の最新情報は下記をクリック!!

***********************************

琉球紅型展開催中  6月13日(土)〜20日(土)

7月スタート 着方教室 生徒さん募集中


えんや呉服店公式HP  

https://matsue-kimono.com/

Facebook

https://www.facebook.com/enyagohukuten/
インスタグラム

 https://www.instagram.com/enya_gofukuten/
ツイッター

 https://twitter.com/enya5298/


桐生織の魅力 その

桐生織の魅力

桐生織は極細の糸で織られている為、軽く、丈夫です
そして、絹の光沢が非常に美しいです
 
無地の部分と、柄の部分が光の加減により、見えたり、見えなかったりします。
 
これが着物の表情になり、飽きの来ない美しさを感じるのだと思います。
 
また、一枚の布の中には、乱絣の糸を織込むことで、ベースの色とは違う色味を表現してくれます。
こちらも、着物の色の奥深さを感じる要因です。
 
以前にも一度ご紹介してましたが、改めてブログにてご紹介(^^)
やはり、桐生織はオススメの着物ですね♪
 
 

桐生織の魅力 その

ついつい久々のブログ更新となってしまいました(^-^;

 
最近は、「ライブ配信」というものハマってしまい、そちらに時間の大多数を費やしてしまってます💦
 
ですが、6月より、お店も通常営業となりました。
 
お客様のご来店も少しずつ戻ってきております。
久々のブログでは、「桐生織の魅力」を少しお話したいと思います。
桐生の吉田さんとの出会いは1年半年前です
生地がしっかりしていて、おしゃれな着物を制作する吉田さんの桐生織
 
着心地が良さそうだと思い、私用を誂えました
 
単衣で着るには最高に着心地の良い桐生織
 
今年の春には、念願で妻も桐生織を誂えました
 
 
自分たちが着る事で、よりお客様へ強くオススメすることが出来ます
 
そんな桐生織の吉田さん
 
えんや呉服店のライブ配信にも出演して頂いております
 
着物の先にある、制作者の顔も分かると、より着物に愛着が湧いてきませんか??
是非、桐生織の着物を皆で楽しみましょう!!

ライブ配信始めました〜

久々のブログ更新となってしまいました( ゚Д゚)

 
というのも、このコロナ禍の状況で、お店の我が家も少してんてこ舞いでした
  
我が家は、子供の保育所が登所自粛の要請となり、子供の面倒を私か妻が交代で見ることに・・・。
 
そんな状況下で、私がFacebook上でライブ配信を始めてしまいました(笑)
 
キッカケは、「松江まちゼミ」のZOOMを使った会議です
 
この会議の中で、ライブ配信をしたらどうかと、僕が提案しまして・・・。
 
そしたら、早速やってみようとなり、その日の夜のうちに最初のライブ配信を体験( ゚Д゚)
 
それは一応練習で、三日後に本番のライブ配信です
 
司会進行は、宮崎菜菜美さんというカラーセラピストの女性
 
とても司会がスムーズで、僕はその話に乗りながら喋るだけで、あっという間の1時間でした
 
やってみると、コメントなどを頂くのがとても嬉しく、そして楽しく
 
4日後に、えんや呉服店のFacebookページで最初の配信をしました(笑)
 
まずは3日間チャレンジということで!
 
やはり、楽しかったです♪少し、OBSというソフトの事も勉強したりして、試行錯誤しました
 
1日お休みして、次は7日間チャレンジです(笑)
 
今回は、ゲストを2名お呼びしてお話をしてみました
 
一人目は、埼玉県の「きものこすぎ 小杉治さん」
小杉さんの事を語りだすと、とても長くなってしまうので、割愛します(^-^;
一言で申し上げると、とても尊敬している先輩で、昨年のGWには埼玉県まで会いに行きました
そして、夜はお酒を飲みながら沢山のお話を伺わせていただき、僕の呉服屋としての仕事を変化させてくださった方です
着物に対する思いと、お客さんに対する思い、取引先に対する思い、全てが僕にとっては手本となる考えを持っておられる方です
 
 
二人目のゲストは「染み抜き職人 谷川智史さん」
谷川さんも、とっても素晴らしい方です
とにかく丁寧で、几帳面な方です
そして何より、優しい
僕が、アレコレと着物の洗濯や染み抜きに対して質問を矢継ぎ早に投げかけても、嫌な顔一つせず丁寧に答えてくれます
そして、7日チャレンジが終了してからは、週3日の定期配信としました
 
その中で、3人目のゲスト「三英堂 岡英介さん」をお迎え
 
岡さんは、子供の保育所つながりもあり、若旦那つながりもあり(笑)
 
和菓子のお話を聞かせていただきました
 
僕の司会進行が不慣れで、少々反省点もありますが、岡さんの丁寧なお話で、対談が成り立っていたのです
こんな感じのライブ配信ですが、基本のモットーは「着物の話を楽しくしよー」です(笑)
そして、松江を全国にPRしよう!でもあります
 
これからもライブ配信頑張ります
 
ライブ配信はえんや呉服店Facebookページにてご視聴いただけます
生配信中にコメントを頂けると、その場で回答させていただけますので、ぜひぜひご参加ください!
そして、見逃した方は、アーカイブ(録画)もYouTubeでご視聴いただけます


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

えんや呉服店HP

えんや呉服店 着方教室

えんや呉服店 YouTube

えんや呉服店 ウェブショップ

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM