google-site-verification=rU_dnZIPCN2py30fMDOIf84Je3_ohbEVlpqkEzcEchQ 春の桐生織展を終えて | えんや呉服店 若旦那ブログ

春の桐生織展を終えて

2月13日(木)〜15日(土)までの3日間「春の桐生織展」を開催させていただきました

 

桐生織展を開催するのは、今回が2回目です。

 
昨年、桐生織の織元「吉田さん」に出会い、桐生織の魅力と作り手の魅力を感じ、私用の着物を誂えました
 
桐生織は、経糸本数が多く、縫込みがしっかりしているにもかかわらず、糸が細いのですごく柔らかく、大変着やすい着物です
 
着物ももちろん魅力的ですが、私は作り手の「吉田さん」にもすごく魅力を感じました。
 
着物を楽しみ、着物ファンとの交流を欠かさず、そこでの様々な意見をモノづくりに反映させている方です。
 
そんな桐生織、先日の桐生織展の様子はこちら♪
 
 
 
 
今後も桐生織を取り扱っていきたいので、織元の吉田さんと様々な打ち合わせもしました
 
足袋や半衿の「型染め体験」も皆様に喜んでいただき、型紙はえんや呉服店オリジナルも制作していきます(^o^)
 
 
 
楽しい桐生織展を終えて、改めて思ったのは、「生産者の見える製品の価値」が着物にも当てはまる世界だと思います。
 
世の中は「トレーサビリティ」と言って、例えば、野菜の生産者情報をバーコードやQRコードなどで読み取り、作った人・加工した人・流通させた人などの
 
情報が見れるようになっています。 
 
その情報を見る事で、消費者は安心し、安さを求めるのではなく、品と安心を購入するのだと思います。
 
 
着物の世界も、同じだと思います
 
桐生織の着物の先にある、作り手の魅力も感じていただけると、その着物の存在がグッと身近になり、愛着の湧く存在になると思います。
 
 
そんな着物の楽しみ方もアリではないでしょうか? 
 
 
着物の世界は奥が深く、楽しいものですね(^^)/
 
 
 
久々のブログは以上!!

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

えんや呉服店HP

えんや呉服店 着方教室

えんや呉服店 YouTube

えんや呉服店 ウェブショップ

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM