google-site-verification=rU_dnZIPCN2py30fMDOIf84Je3_ohbEVlpqkEzcEchQ 山陰の紐落とし | えんや呉服店 若旦那ブログ

山陰の紐落とし

 

全国的には、七五三という名称で行われる、子供の厄除け祈願。

対象は、数え年で3歳、5歳、7歳です。
また、3歳は男児、5歳は男女、7歳は女児という流れが多いのではないでしょうか。
この年齢と男女の慣習は地域によりかなり風習が異なります。
 
  
山陰ではこれを男女ともに、満3歳・数えで4歳の年に「紐落とし」という名称で行われています。
そして、祈願は1回で終わります。
 
この風習は全国的に見ても少ないと思われます。
正確に検証をしたことはないのですが、山陰地方だけだと思われます。
(もし他の地方でも同じような風習がありましたら、是非教えてください。勉強になります。)
(岡山の県北でも【紐落とし】の名称があると聞いた事があるような(^-^;)
 
 
では、この【紐落とし】という名称ですが、どんな経緯で付けられたものか。
これは、俗説になりますので、確証のあるお話ではありません。
 
私が以前、勉強した話によると、お宮参りの時に子供に羽織らせる熨斗目(生後一か月のお参り時に羽織る着物)
の紐を外して、着物として着せる時に【紐を外す】→【紐を落とす】→【紐落とし】と変化したと聞いております。
 
また、本来の風習は全国的にも満3歳、数えで4歳で行われていたと。
それが、全国では変化して、七五三になったと勉強をしました。
 
なにか文献でもあれば、ある程度確証を持って言える話かもしれませんが(^-^; 
出雲國の古い風習が全国に広まったと考えると、あながち間違いではないような(汗)
 
 
さて、最後に何が言いたいのかっていうと、えんや呉服店でも【紐落としの着物】取り扱いがあります。
 
今年の11月に向けて、そろそろ準備を始めませんか!? 
 

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

えんや呉服店HP

えんや呉服店 着方教室

えんや呉服店 YouTube

えんや呉服店 ウェブショップ

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM